TOPICS

電力工事

新島ロラン局鉄塔倒壊撤去

高さ213mの支線式鉄塔の撤去記録です。

 

①重量170t、高さ213mの支線(6段18条)式鉄塔です。

この鉄塔を倒壊撤去します。

 

②地上から見た鉄塔内部はこんな感じです。

 

③高さ213mから地上を見てみると、さながらナスカの地上絵みたいです。

 

④支線は90mと180m先に3本ずつ3方向に固定されています。

空中線は鉄塔頂部から地上300m先に張られていました。

 

⑤支線の地上部分です。

スケール代わりの社員の身長は172cmほどです。

クレビスやリンク類の金物が大きいです!

 

⑥鉄塔を挫屈させる位置で作業中です。

地上36m付近に回転ガイドを取付けています。

手前に見えている支線は倒壊前に地上部で撤去します。

 

⑦支線の地上部撤去準備です。

18条ある支線のうち、撤去するのは最下部の1方向1本だけです。

20tのチェーンブロックを2台セットしました。

この支線は構造用スパイラルロープのΦ52です。

 

⑧支線撤去準備が出来ました。

支線張力を8tまで下げてから金車(ワイヤー)に預けました。

全員退避したのち300m離れた5tウィンチで操作します。

 

⑨引き込みワイヤーのセットです。

地上34mの主柱2本を特強ワイヤーで均等荷重を掛けて

350m先の7tウィンチで引き込みます。

 

⑩鉄塔から250mの位置の引き込みワイヤーです。

この金車の50m先にさらに金車がセットされています。

 

⑪鉄塔から300mの位置の引き込みワイヤーです。

この金車の左側50mの7tウィンチで倒壊させます。

 

⑫引き込みウィンチです。

7tウィンチ左右2条のワイヤーで、鉄塔に20tの荷重を掛けます。

 

⑬鉄塔倒壊の様子です。

※画像をクリックすると動画を見ることが出来ます。

鉄塔倒壊撤去

情報通信工事部のお仕事動画です。

送電・情報通信設備の大東電業(株)さんの投稿 2017年2月22日水曜日

 

⑭倒壊後のGoogleマップです。

2015年1月倒壊。

その後1ヶ月で地上解体と現地片付けを終えましたが、

Googleマップは倒壊したままです。