RECRUIT

INTERVIEW 01 先輩社員インタビュー(新卒採用)

神奈川本社/業務部 課長代理 笹井 竜次

大学の経営学部を卒業後、経理職希望で、2010年大東電業に新卒入社。神奈川本社の業務部にて、総務・庶務に関する幅広い仕事を経験したのち、当初の希望通り、経理業務へとシフト。現在は課長代理という立場で、金銭周りを中心としたさまざまなサポートに取り組んでいる。建設業経理士1級資格保有。

入社の決め手は、事業の安定性と人の温かさ。

大学在学中に取得した日商簿記2級資格を生かしたいと、就職活動では経理職を中心に企業を探していました。大東電業に入社を決めた理由は、二つ。一つは、電気や情報通信という社会インフラを作る事業を安定的に行っている点、もう一つは、選考の段階で接した社員の方々に、温かさを感じたからです。特に二つ目に関しては、機械的な対応をされがちだった他社の選考に比べ、大東電業には一人の人間として対等に向き合ってくれる姿勢がありました。そのおかげか、面接にもリラックスして臨めたのを覚えています。人柄の良さに対する印象は、入社した今も変わっていません。

専門知識を身につけ、周りから信頼される喜び。

入社当初は、基本的な総務・庶務業務からスタートしましたが、現在は元々の希望にあった通り、伝票の作成や請求書の発行、仮払金の処理など、経理関係の仕事を任せてもらえるようになりました。ただ神奈川本社の業務部は4名という少人数体制なので、たとえば社用車の管理など、経理以外の業務にも幅広く携わる必要があります。最初は、工事会社特有の専門用語などを覚えるのに時間がかかりましたが、今は伝票の勘定科目も即座に答えられるなど、効率的に業務をこなせるようになりました。周りから「金銭関係は笹井に任せておけば大丈夫」と信頼してもらえるようになってきたのが、嬉しいですね。

どんなに小さな仕事でも、常に相手の立場で考える。

業務部は、社内のあらゆる部署と関わります。事務の仕事とはいえ、何より大切なのはコミュニケーションです。書類を一枚渡すにしても、相手が何を求めているのかを十分に聞き、理解した上で行うこと。「これくらいは説明しなくても分かるだろう」という自分勝手な判断をせず、細かなことでも一つひとつを確認しながら丁寧に伝えること。一見遠回りのように思えるやりとりでも、それが結果的にスムーズな仕事につながるんですよね。就職活動中によく「コミュニケーション能力が大切」と言われていましたが、入社してやっとその本当の意味が分かったような気がします(笑)。

メリハリある環境で、必要不可欠な存在を目指したい。

全部署のなかでも業務部は特に繁閑の波が少なく、毎日の残業もほとんどないため、仕事とプライベートをしっかり両立させることができています。メリハリがついているので、将来にわたって長く腰を据えて働ける職場だと思います。仕事にも徐々に慣れ、今は課長代理という立場を任されるようになりました。とはいえ、経理としての担当業務はまだ導入部分。今後は決算など、より本格的な業務にも関わっていきたいと思っています。また経理関係のさらなる資格取得にも、積極的にチャレンジしていきたいですね。そして業務部に欠かせないコアメンバーへと成長したいと思います。

Entry

みなさまのエントリーをお待ちしています。

エントリー